読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、君に会いに行く。

来し方行く末ツアー絶賛開催中。高橋優さんライブの私的感想と遠征記録。

来し方行く末@ホルトホール大分

 

 

 

 

2017年2月20日(月)

 

 


高橋優 ホール&アリーナツアー2016-2017
来し方行く末

 

 


@ホルトホール大分

 

 


ちょこちょこ打ち進めてはいたものの、なかなか終わらずあっと言う間に1ヶ月が過ぎてしまっていた…。ほんとはこの前に盛岡の記事があるんだけど、もう記憶の薄れ具合がやばいので飛ばして大分いっちゃう(゚∀゚)


今回はいつも以上に私的感想(内容薄)。
レポではなくあくまでも自分が見て感じたことを好き勝手に書いてるものなのであしからず。ライブの見方 感じ方は人それぞれということで……!!

 

 

 

 

f:id:poporhythm:20170321112323j:image

 

ホルトホールも盛岡に引き続き駅出たらすぐ目の前という好立地!遠征民にはうれしい限り、ありがたやありがたや

 

 

 


┈︎┈︎┈︎ セットリスト ┈︎┈︎┈

 

1. TOKYO DREAM
2. クラクション
3. 太陽と花
4. アイアンハート
5. 拒む君の手を握る
6. Cockroach
7. 象
8. ヘベレケ行進曲
9. 君の背景
10. 運命の人
11. さくらのうた
12. CANDY
13. 駱駝
14. 光の破片
15. 産まれた理由
16. WEEKEND JOURNEY
17. パイオニア
18. Mr. Complex Man
19. 明日はきっといい日になる
20. 泣ぐ子はいねが
21. BEAUTYFUL


アンコール

1. 福笑い
2. 現実という名の怪物と戦う者たち
3. リーマンズロック

 

 

 

TOKYO DREAM
なんだかいつもより勢い弱め…かな??
毎度のニヤつきポイント「この街を健やかに清らかに」の身振り手振りがまさかの片手でショーック。そりゃ毎回ちがって当たり前なんだけど、全開気持ちが入ってないというかなんというか……

 

クラクションも笑顔がほとんどなく、あっても力のない寂しい微笑み。んんんんんーー。
こんなにパァーとならないクラクションはじめてだ。ステージ照明の明るさが逆にせつなく思えてくる


元気ないなー
なんだかピリピリしてない(´・・`)???
鹿児島のときに感じたモヤモヤと重なる…

 


アイアンハートいく前の短いMCの時に優さーん!優くーん!とみんな声飛ばしたりしてにぎやかだったんだけど、そのなかでわりと目立つタイミングで「白いっ!!!!」っていう大きな声が…

 


(((それ言っちゃあかーん)))

 


優さんがそれに反応して「白い?色が?結構みんな知ってると思うよ」的なこと言って笑いに持っていってたんだけどなんかトゲある言い方のように感じてしまって1人で勝手にハラハラ…

この時 心配そうな顔して優さんの顔を見る小島さんの姿を目撃し(!)たまらなく小島さんにすがりつきたくなった(><)笑!


そんなこんなでMCは進み(どんなこんなや)、優さんが熱く「今この時を最高のものにする」って話をしてる真っ最中に、ステージ袖にいるいつものスタッフさんが空気読まずくしゃみ?したみたいで、スタッフさんに何か言いながら笑いをこらえる小島さん

優さんのバキバキさと下手のゆるさのギャップがおもしろくて笑ってしまったww

 

アイアンハート 優さんギター変わってた〜
あのギター使ってるのすごくひさしぶりに見た気がする。パステルっぽい水色のギター(○○の曲で使ってるやつだよ!ってすぐ出てこないのがくやしい)

※ 蝉で使ってたギターと判明

照明の具合で今まで白く見えてただけで実はずっとこれ使ってたのかも?ってしばらく悩んだけど、イントロの音がいつもと違ったから変えたのまちがいではないはず…!池窪さんも途中で変えたし合わせる音のバランス的なものもあるのかなあ

 

 

Cockroachの大サビで1番2番の歌詞がゴッチャになっちゃって動揺優


なんかここにきて最初から感じていたもやもやがピークに達し、よくわからん腹立たしさとくやしさともどかしさで気持ちが混乱


人間だからそりゃ調子の良し悪し、歌詞を間違えることも普通にある。それは全然いいんだけど、でもなんかそういうんじゃなくて…

この日の優さんはライブそのものに対しての心がないような…私の目には乗り気じゃないのに踊らされている、ふてくされた子供みたいに見えた。他のお仕事はどうであれ、どんなときでもライブだけは好きでたのしんでやってくれているものだと思っていたのに………
なんだよ高橋…悲しくなってきたじゃないか…

 


途中から集中できなくなって日に日にタイトさの増すスキニーばっかり眺めていた|•.• )パツパツ…

 

 

MC

メンバー紹介
鳥の真似してひらひら~からの投げキッス


おきまりの流れ
無理矢理の笑顔で投げキッスからの真顔優

顔www


アンコールを求められそうになり、もうやらない!もうやらないよ〜!と言っているのに大分は簡単にあきらめず押しの強いもう1回コール!!

他の地方だったら次の流れにいきそうな空気感だったけど、大分のグイグイ感あっぱれ 笑。


再びの投げキッスに大盛り上がりー!!
男のひとも多かったからキャーだけじゃないうぉー的な声も大きくてたのしかったなあ


しかしご当地グルメ紹介 いつからあんなにがっつりカンペ読むようになったのだろうか…もっとさりげなくやればいいのに思いっきり前のスピーカー見ながら読んでるんだもん、わかりやすすぎるww

 


大分はみんな自由な雰囲気でほっこり〜
MC中 急に笑いだすひといたりとかw
それが空気読めない変なかんじじゃなく、その笑いがみんなに伝染してくみたいな


MCきっかけでだんだん優さんに笑顔がもどって表情ゆるってなっていった

 

なんかあれだな
あくまでも勝手な予想だけど、優さんもしかしてリアルに孤独感あって(ラジオで一時期よく愚痴っていたあれこれ)寂しくて誰かにかまってほしかったのかもしれないと思った…笑。大分の明るい「優さん!やって!やってー!!」みたいなちやほやがうれしかったのかなあ、なんて(´-`).。oO

 

君の背景
唄い方がやさしくて気持ちが温かくなった
やっぱり優さんの柔らかい唄声すき


今回ひさしぶりに上手側の席で池窪さん前だったから、さくらのうたの時じっくり池窪テクニックを堪能、むふふ。ギターの知識なんてないから専門的なことはわからないけど弾き方を見てるだけでたのしい

 


最近 駱駝から光の破片の流れが自分的なスイッチというか。この来し方行く末ツアーのクライマックスを迎える合図みたいになってて、心がぐわああってなる

何回も同じの見てるのに毎回毎回なんで泣けてくるのってほんと思うんだけど(情緒不安定説)、光の破片は聴けば聴くほど無意識に涙出てくる…綺麗な曲だからこそ余計にぐっとくるみたいな??

 

WEEKEND〜金曜日ネタのくだりなし
盛岡は入れるの忘れたっぽい空気感あったんだけど、今回は特になにかを言いたげなかんじがなかったから、もうなしにしたのかな〜??
もう時期も過ぎたしそろそろひっぱるのはやめようってなったのかしら(・∀・)

 

後半の優さんは前半とは別人のようだった。
笑顔がいつも以上に多くてBEAUTIFULでも今までは出なかったとこで微笑んだりしてて、その表情がやわらかくてすごくよかった

この曲 曲調はすごくすきなんだけどけど何度聴いても歌詞にいまいち入り込めない感が消えなくて。いつも途中の"雷の音にやたら怖がったり"ってとこである特定の人物の顔が浮かんでくるから、急に現実に引き戻されるというかなんというか…笑。だけど今回は言葉のひと言ひと言が語りかけられているように自分のなかに入ってきて、じわんと胸が熱くなった

 


アンコールでまさかのいいちこコールww
男性の誰かがやりはじめたんだけど、ああやって率先して盛り上げてくれるひとの存在っていいよね。しかも優さんのファン基本優しいひとが多いから、それに対し冷めた反応せず結果みんなでわいわいなるから素敵だなと思う


笑いながら登場優

 

秋田、盛岡につづき、予想したアンコール曲がまたしてもビンゴで自己満ひゃっふー٩( ᐛ )و

アンコールはおそらくリハの時点で決めてるんだとは思うんだけど、今までの感じだとどういう訳かその日の会場の空気感に合う曲なんだよね〜。それプラスその日の優さんの空気を感じとるとライブ中に自然と頭をよぎるアンコール曲ww

今日ぐいぐい攻めモードだなって時は必ずこどものうたがくる!!

このアンコール予想はどこまで記録伸ばせるか自分の勘と戦っている 笑


現実という名の〜でステージ前に出てきてスピーカーに脚乗せてギター弾く優さんがかっこよすぎてかっこよすぎて。マイク前が定位置だからなかなかこういうギタリスト的な動きしてるの見れないもんね〜。
ひゃー、うれしや(∩´∀`∩)♡

いつも思うけど、サビの"僕らは今きっと赴いてる途中~♪"部分の"途中~♪"のとこ飛び跳ねてると息切れするしリズムとるのむずかしくない??わたしだけか 笑???

 


最初はどうした高橋感が強くて正直たのしめなかったんだけど...結果的にはすごく温かな良いライブで何度も何度もこみ上げてくるものがあった。元気なさげだった優さんが大分の盛り上げ(?)でどんどん笑顔になっていったのがとにかく印象的だった。クラクションの時のあの冷めたような虚無の微笑みと、後半に見せた数々の穏やかな笑顔を写真に撮って時系列に並べて貼り出したいくらいだよ、ほんとに…ww

いつもは見てる側が一方的に優さんに元気もらっているようなかんじだけど、今回ばかりは大分の明るさが優さんに元気を与えたといっても過言ではないような気がする。

ん、おこがましいか
言い過ぎか


なんかうまく言い表せないんだけど、ステージ挟んでアーティストとお客って関係ではあるけど、そこはやっぱり人間対人間だなって思った。

見終わってから自分が生きていくうえで大切なことをあらためて気付かされ考えさせられたような…そういう不思議な感覚に包まれた。漠然と生活してたらこういう風に感じたり、心が大きく揺さぶられたりすることってそんなにないよなあって思うから、自分にとって心を豊かにしてくれる高橋優という存在はやはり大きいのである

 

ライブ行くたび、この人に出会えて、この人の曲を知ることができて本当によかったという気持ちが増すばかり、うん

 

 

そんなかんじ

 

 f:id:poporhythm:20170321113307j:image

 

 f:id:poporhythm:20170321113317j:image

 

f:id:poporhythm:20170321113337j:image

 

 

大分 郷土料理のだご汁が美味でした

こういう汁物すき

 

 f:id:poporhythm:20170321113521j:image

 

 

 

余談だけど、この記事を札幌のホテルで書き進めてて昼にメレンゲを見てたら大分公演の舞台裏が…!!!

その時の優さんの様子 見た限りだと普通に元気そうだったし、はっちゃんに抱きつきわちゃわちゃしてるし!

あれれ〜 私が大分で感じたことは思い過ごしだったのかも〜と思ってこの記事をUPすちょっと悩んだ…wwでも終わりに差し掛かってたし、もったいないのでありのままUPしちゃう、あはは(^o^)